2016年08月25日

水戸学

「地球日本史(3)」(15)

責任編集 西尾幹二 1935-
kanji nishio

2005.5.20 3刷発行(扶桑社)

<水戸学>
「水戸学の立場を一口に言えば、一方では
どこまでも日本という国の独自性をその伝統
の内に見出し、尊重しながらも、それを単なる
「お国自慢」として、尊重するのではなしに、
その尊重すべき所以を普遍的な道理という形で
取り出し、理性によって納得できるものとして
示そうという立場である。」

明治維新の理念というものは、水戸学のうちに
その源をもつと言って間違いはない。

panse280
posted at 22:25

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字