2016年07月30日

お家断絶と大奥の肥大化

「地球日本史(2)」(6)

責任編集 西尾幹二 1935-
kanji nishio

2005.5.20 2刷発行(扶桑社)

<お家断絶と大奥の肥大化>
家康の子供でも、彼の跡継ぎがいなければ
お家は、どんどんつぶされた。

そうなると、浪人が町中にあふれた。
そこで「末期養子の訓」といって、50歳未満の
大名、旗本にも急養子を認める制度を設けて
浪人の増加を防いだ。

では、将軍様はどうか。
将軍様もお世継ぎには苦労したようで、
徳川15代の将軍の内、正妻の子は、
初代家康、三代家光、十五代慶喜の三人だけである。

そのために、大奥が肥大化することは避けられ
なかった。

なお、慶喜は21人の子供をもうけているが、
そのすべてが彼が将軍職をやめてからで、
それ以前の子供は一人もいない。
よほど気疲れする日々だったのであろう。

panse280
posted at 14:30

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字