2016年06月25日

インドもモンゴル帝国が生んだもの

「地球日本史(1)」(6)

責任編集 西尾幹二 1935-
kanji nishio

2005.5.20 3刷発行(扶桑社)

<インドもモンゴル帝国が生んだもの>
インドも、モンゴル帝国が生み出した国である。

テムル(モンゴル人)の子孫バープルは、南下して
インドに入り、1526年、デリーでインド国王となった。
これがムガル帝国の起源だ。ムガルとはモンゴルの
ことである。

このムガル帝国を引き継いだのが、イングランド
女王ビクトリアが1877年、初代皇帝に就任した
インド帝国で、そのインド帝国から分離独立した
のが、現代のインド連邦とパキスタンなのである。

世界史を見るとき、ギリシャ、ヨーロッパや
アメリカや中国を見がちだが、実は、世界史は
モンゴル帝国から始まったのある。

panse280
posted at 18:49

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字