2016年06月11日

写真は一番キツイ


「荒木経惟の言葉」(3)
荒木経惟 1940-
nobuyoshi araki

2013.7.19 1刷発行(パイインターナショナル)

<写真は一番キツイ>
「写真はいちばんきついけどな、ほかの
ゲージュツと比べて。
だってどんな写真も、一種の暴露だからさ。
案外、一番うそがつきにくいメディアだな。
小説家なんて見てみなさい。うそつきばかり
だから。音楽はあいまいだし、建築は、とり
あえず住みにくい家にすればいいんだろ(笑)。」

<日常写真>
アラーキーは現在のインスタグラムの元祖である。

日々ただ写真を撮る、日付付きで、それが作品
である、という。1970年後半から、これを続けて
いる、そして死ぬまで続けるという。

でも実際には難しい。人に見せておもしろい部分
なんてめったにない。撮った写真がダメであれば、
「あなたの人生がダメで悪いのだ」と断罪されて
しまうことまで覚悟しなければいけない。

アラーキーの超簡単に見える手法には覚悟が
必要なのです。

panse280
posted at 11:55

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字