2016年05月22日

江戸のダイナミズム

「江戸のダイナミズム」(1)
西尾幹二   1935-
kanji nishio

2007.1.30 1刷発行(文藝春秋)

<江戸時代>
元禄年間(1688年 - 1707年)だけをとって
みても、諸学問で爆発的な発展をとげた。

浮世絵の始祖菱川師宣1618-1694
山鹿 素行(1622-1685)
水戸光圀(1628-1701)
小説の井原西鶴1642-1693
俳諧の松尾芭蕉1644-1694
浄瑠璃の近松門左衛門1653-1725
尾形光琳1658-1716
赤穂浪士討ち入り1702年
本居宣長1730-1801

江戸時代にこそ、日本人の個性が充満して
いる。

17世紀初頭の日本の人口は、1200万人
明治初頭(1872)の日本の人口は、3300万人

日本は戦国時代から江戸時代にかけて
大きく変わった。江戸から明治にかけては、
はそれほど変わっていない。

panse280
posted at 18:13

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字