2016年04月12日

冒涜者エウリピデスよ

「悲劇の誕生」(7)
ニーチェ  1844-1900
Friedrich Wilhelm Nietzsche
西尾幹二 訳

2014.4.25 3版発行(中公クラシックス)

<冒涜者エウリピデスよ>
エウリピデスよ、そなたがディオニソスを
見捨てたがゆえに、アポロもまたそなたを
見捨てたのだ。

エウリピデスの美学の根本命題は、「一切は、
美しくあるためには、意識的でなければなら
ない。」

エウリピデスを、美学上のソクラテス主義の
詩人とみなすことができよう。

<ソクラテス主義>
「美学上のソクラテス主義の最高の法則は、
「美しくあるためには、全ては、理知的で
なければならぬ。」


ソクラテスは古い時代の悲劇を理解もしな
ければ、尊重もしなかった。
われわれは、ソクラテスをディオニソスの
敵と考える。

panse280
posted at 21:16

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字