2016年03月24日

曖昧な国、スペイン

「ドン・キホーテに関する思索」(5)
ホセ・オルテガ・イ・ガセット 1883-1955
Jose Ortega y Gasset

1970.3.1 第2刷発行(現代思潮社)

<曖昧な国、スペイン>
「ドン・キホーテ」、この嘲笑の風をよそおった
つつましい小説よりも深遠な本があるだろうか。
この小説にあてられた数々の照明は外国人から
発せられたものである。
それはすてきに珍しいものであった。
つまりわれわれ、スペイン人の場合のように
運命の問題ではなかったのである。

ドン・キホーテはスペインの秘密、そして
スペイン文化の曖昧さの看視人なのだ。

セルバンテスに比べればシェイクスピアは
観念論者に見えてしまう。

「ドン・キホーテ」、この本以上にスペインが
生んだ真の意味で深遠な作品はないのではなかろうか。

panse280
posted at 19:21

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字