2016年02月20日

都甲太兵衛

「日本精神の研究」(5)
安岡正篤 1898-11983
masahiro yasuoka

2012.8.10 第5刷発行(致知出版)

<都甲太兵衛>
宮本武蔵が一見してその非凡さを見抜いた
都甲太兵衛が「据物(すえもの)の心得」
を語った。

「自分は据物の心得ということにふと心
づいて、それからいつも人は据物で、いつ
でも打たれるものであると思い、それを
平気で打たれる心持になる様につとめた。
段々工夫してゆくうちに、いつも据物の
心になって、それで何ともなくなった」

日本の芸道はこの心境の上に創造されて
いる。

余談:森鴎外に「都甲太兵衛」という小説
がある。都甲太兵衛は島原の乱の原城攻撃
で「本丸一番乗と申者」八人の一人である。

panse280
posted at 17:22

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字