2016年02月12日

夜会の出来事

「葉隠供(13)
山本常朝 1659-1721
jyohtioh yamamoto
奈良本辰也、駒敏郎訳

2006.7.10 発行(中公クラシックス)

<葉隠聞書 付録>(3)

<夜会の出来事>
大きな夜会で、旗本の老人北見久太夫も
いらっしゃり、昔話に花が咲き、夜がふけたころ、
給仕の小姓が銚子を持ったままつまづいて、
北見久太夫の膝に酒をあびせた。

後に分かったことだが、久太夫老人は高齢の
うえに長座されたので、坐ったまま小水を
洩らされ、それが座から流れ出していたので、
わざと酒でごまかしたらしい。

小姓には褒美があったとのことである。

panse280
posted at 18:49

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字