2016年02月10日

柳生極意皆伝

「葉隠供(11)
山本常朝 1659-1721
jyohtioh yamamoto
奈良本辰也、駒敏郎訳

2006.7.10 発行(中公クラシックス)

<葉隠聞書 付録>(1)

<柳生極意皆伝>
柳生但馬守のところへ弟子入りしたいと、ある旗本
が来た。何流を学ばれたのか?と聞くと、武芸は
何もやっていません、と答えた。

柳生をあなどってはいけません、しからば日頃
何か心に悟っておられることはないか?と
柳生はその旗本に尋ねた。

旗本は、武士は命を惜しまないことだと聞いて
いたので、その事を絶えず心にかけ、いまでは
死ぬことを何とも思わないようになりました。

柳生はそれを聞いて、柳生流兵法の極意は、
その一事である。
木刀をとるにはおよばない。あなたに極意皆伝
を差し上げましょう、と即座に印可の巻物を
渡された。村川宗伝の話である。

panse280
posted at 18:48

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字