2016年01月29日

詐欺

「葉隠機(36)
山本常朝 1659-1721
jyohtioh yamamoto
奈良本辰也、駒敏郎訳

2006.6.10 発行(中公クラシックス)

<葉隠聞書三>(2)

<詐欺>
ある山伏がよい夢のお告げを直茂公に話された。
直茂公は金を与えた。世間は直茂公の行いに
首をかしげた。

何故、こんな話に金を与えたのかを問うた家臣
に答えて直茂公は「おおむね、その道の者は、
その道で生活していかなければならぬものである。
山伏などは、あのようなことを言って、人の施し
を受けて暮らしてゆく者であるから、それを
思って金をくれてやったまでだ」とのことであった。

panse280
posted at 19:01

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字