2015年12月29日

勤め人の覚悟

「葉隠機(12)
山本常朝 1659-1721
jyohtioh yamamoto
奈良本辰也、駒敏郎訳

2006.6.10 発行(中公クラシックス)

<葉隠聞書一>(11)

<勤め人の覚悟>
武士は浪人になると大変だと思うが、
なってしまえば、それほどのことでも
ないことがわかる。
もう一度、浪人がしてみたい、という
人もいる。

何事も先走って想像して苦しむのは馬鹿
な話だ。

奉公の行き着く先は、浪人か切腹かと、
初めから覚悟を決めておくべきである。

panse280
posted at 19:34

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字