2015年12月23日

鍋島直茂教訓

「葉隠機(6)
山本常朝 1659-1721
jyohtioh yamamoto
奈良本辰也、駒敏郎訳

2006.6.10 発行(中公クラシックス)

<葉隠聞書一>(5)

「剣の達人曰く、修行に上手、下手あり。」

上手の上もあり。大方の修行はここまでなり。

この段階をとび越すとさらなる境地がある。
慢心の心も起こさず、卑下する心も起こさず
進んでゆく道である。

今日よりは明日、一生かかって日々仕上げる
道である。

<鍋島直茂教訓21箇条より>
・信心は心の掃除、人の心を破らぬ用に。
・理非をただす者は、人罰に落ちるなり。
・大事の思案は軽くすべし。
・諸事堪忍の事。
・万事しだるき事、十に七ツ悪し。
・人は下程骨折候事よく知るべし。

panse280
posted at 08:19

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字