2015年12月19日

「知恵や技芸だけで主君のお役に立つというのは 下である

「葉隠機(3)
山本常朝 1659-1721
jyohtioh yamamoto
奈良本辰也、駒敏郎訳

2006.6.10 発行(中公クラシックス)

<葉隠聞書一>(2)

「知恵や技芸だけで主君のお役に立つというのは
下の方である。」

よい考えが浮かぶには私心を去って考えるがよい。
思いもよらない知恵が湧いてくるものだ。

意見をする場合には懇意な間柄になってからすべし。
気心が通じていない人を軽々しく意見してはいけない。

身分の高い人などに呼ばれたときは、重い気持ちで
行くと、席が落ち着かないものだ。さてもありがたい
ことだ、きっと面白いことがあるぞと思い込んで行く
のがよい。

ある人が近頃こまごまと倹約していると言ったが、
よくないことだと思う。水があまりに澄んでいる
所には魚がすまないという諺がある。

panse280
posted at 21:34

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字