2015年12月11日

天本英世

「貧乏は幸せのはじまり」(1)

岡崎武志 1957-
takeshi okazaki

2014.7.10 第1刷発行(ちくま文庫)

<江戸時代の生活>
江戸時代、親子3人が1両あれば、ひもじい生活をせずに
暮らしていけた。

1両は1988年の8万円で、零細職人でも半月分の給料です。
彼らはそれでも楽しく生活していた。

「とにかく、物があふれすぎて平和だから日本人はボケ
たのである。スペインでもどこでも行ってみればすぐに
わかるが、物がなくても、貧しくても、魂がある。
心がある。いや、別の言い方をすれば、貧しいからこそ
魂があるのだ。」(天本英世)

panse280
posted at 20:23

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字