2015年12月05日

愛着のある1冊

「努力したぶんだけ魔法のように
 成果が出る英語勉強法」(7)

清涼院流水 1974-
Ryusui seiryouin

2015.5.7 第1版第1刷発行(PHP)

<おすすめの本>
ペンギン・リーダーズや洋書ラダー・シリーズは
語彙も少なく英語感を養うには最適です。

「大人向けの洋書で非常に読みやすいと感じるのは、
村上春樹作品です。
・・・
ぼく自身、村上春樹作品は英語版でも全作品を読んで
いますが、どれも驚くほど読みやすいです。

中でもぼくのオススメ作品は、"What I Talk About
When I Talk About Running"(「走ることについて
語る時に、ぼくが語ること」)です。

ぼくは、この作品(英語版)を50回以上読んで全文を
暗唱できるまで仕上げましたが、それによって身につ
けた英文がかなり多いので、そういう意味でも、とて
も愛着のある1冊です。」

panse280
posted at 18:01

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字