2015年11月27日

末期ガン患者

「臨死体験3回で見た2つの未来」(5)

木内鶴彦 1954-
tsuruhiko kiuchi

2015.8.31 初版発行(ヒカルランド)

<末期ガン患者>
今日死ぬかもしれない末期がんの患者を
登山にいって崖ッ淵を歩かせました。
患者は死ぬ思いでそこを通りすぎると、
ガンが治ったという話があります。

この話を読んで、「戸塚ヨットスクール」を
思い出しました。

「死にたくない」と本気で強く思うと、脳が
変化して、身体に影響するということです。

panse280
posted at 06:34

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字