2015年11月26日

病気のことを考えない

「臨死体験3回で見た2つの未来」(4)

木内鶴彦 1954-
tsuruhiko kiuchi

2015.8.31 初版発行(ヒカルランド)

<病気のことを考えない>
病気のことを気にしなくなると、病気のことが頭から
消えていくので病気も困ってしまうんです。
だって自分のいる場所がなくなってしまうでしょう。
そうしたら体は再生するしかない。

思うだけで身体が変化するのは、意識(5次元)が変化
したのが3次元の肉体だからです。

私たちは、ヒマをもてあましてテレビゲームをつくり
ました。意識も同じ理由で身体をつくりました。

<意志>
われわれの身体はモノです。
食事をしたり、本を読んだり、思うということは
身体に指令を出しているということで、それは
同時に時間を超えているということです。

panse280
posted at 18:30

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字