2015年10月29日

大東亜戦争が残したもの

「物語日本史(下)」(37)

平泉澄 1895-1984
kiyoshi hiraizumi

1996.10.15 第26刷発行(講談社学術文庫)
初版は1970年出版の「少年日本史」(平泉氏76歳)

<大東亜戦争が残したもの>
当時、日本との交戦国は45、国交を断絶した
国は4つ、これに対し、日本に好意をもった
国は、ドイツ、イタリア、満州、タイなど
でした。

5年で戦争は終わり、GHQによって昭和27年4月まで、
日本は占領下にありました。
足掛け8年、無制限の権力をもって占領軍は、
日本の伝統文化の破壊と、自虐史観を植え付けました。

勝利を得たイギリスのチャーチル首相は「日本人
のごときは、粉微塵に打ち砕かれて、一世代の間、
起き上がることはできないであろう」と言いました。

しかし、その後、東洋に独立の嵐がおこるのです。
イギリスの誇る不沈艦プリンス・オブ・ウェールス
があっけなく日本に沈められた影響がこれほどまで
大きいとはチャーチルも考え及びませんでした。

panse280
posted at 18:31

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字