2015年10月16日

吉田松陰

「物語日本史(下)」(26)

平泉澄 1895-1984
kiyoshi hiraizumi

1996.10.15 第26刷発行(講談社学術文庫)
初版は1970年出版の「少年日本史」(平泉氏76歳)

<吉田松陰>
「我が君を愚なり昏なりとして、生国を去って他に
往き、君を求むるは、我が父を頑愚として家を出で、
隣家の翁を父とするにひとし。孔孟、この義を失い
給うこと、如何にも弁ずべき様なし。」

孔孟批判である。


<松下村塾の規則>
1 両親の命、必ず背くべからず。
1 両親へ、必ず出入を告ぐべし。
1 晨起盥梳(しんきかんそ)(朝起きて顔を洗い髪をくしけずる)、  先祖を拝し、御城にむかひ拝し、東にむかひ天朝を拝する事、
  仮(たと)令(ひ)病に臥す共怠るべからず。
1 兄はもとより、年長又は位高き人には、かならず順ひ敬ひ、
  無礼なる事なく、弟はいふもさら也。品卑しき、年すくなき
  人を愛すべし。
1 塾中に於て、よろづ応対と進退とを、切に礼儀を正しくすべし。

panse280
posted at 18:58

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字