2015年09月29日

家康の政治

「物語日本史(下)」(10)

平泉澄 1895-1984
kiyoshi hiraizumi

1996.10.15 第26刷発行(講談社学術文庫)
初版は1970年出版の「少年日本史」(平泉氏76歳)

<家康の政治>
家康は「吾妻鏡」を愛読しました。それには
頼朝の言行がまるで目の前にみるように書いて
ありました。

家康が定めた、禁中ならびに公家の諸法度、及び
武家諸法度は朝廷及び諸大名を拘束し、幕府体制
を固めました。

そこには、勝手な造営や婚姻を禁じたり、参勤の
作法もありました。

関ヶ原の戦いで活躍した福島正則は勝手に広島城を
修繕したために、49万8000石を没収され、川中島に
流されました。

家康は学問の人で、藤原惺窩や林羅山から貞観政要
や論語を学びました。この学問好きの影響は各方面
に及びました。

元和2年(1616)家康は駿府の城で75歳で逝去しました。

panse280
posted at 18:09

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字