2015年08月25日

土佐日記,枕草子

「物語日本史(上)」(21)

平泉澄 1895-1984
kiyoshi hiraizumi

1998.6.22 第31刷発行(講談社学術文庫)
初版は1970年出版の「少年日本史」(平泉氏76歳)

<土佐日記>
成立は承平5年(935年)頃といわれる。
紀貫之が「古今集」まとめて20数年後土佐守に
任ぜられ、5年を過ごして京都に帰るときの日記
です。

男は必ず漢文で書いていた時代に国文で書きま
したが、書いてある月日、場所、すべて事実を
書いた55日の道中日記です。

当時の旅行が、どれほどむつかしいものであった
か、これを見るとよく分かります。

<枕草子>
「古今集」(905)から百年すると「枕草子」や
「源氏物語」が作られました。

皇后が唐の白楽天の詩の上半分をおっしゃった時
下半分を行動で示した清少納言の才気と学問は
有名でした。

panse280
posted at 17:04

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字