2015年08月18日

桓武天皇の二人の家臣

「物語日本史(上)」(14)

平泉澄 1895-1984
kiyoshi hiraizumi

1998.6.22 第31刷発行(講談社学術文庫)
初版は1970年出版の「少年日本史」(平泉氏76歳)

<桓武天皇の二人の家臣>
文においては、和気清麻呂
武においては、坂上田村麻呂

東北地方に反乱がおこり、派遣されたのが
坂上田村麻呂です。これによって岩手県の南部、
一ノ関より奧まで平定されました。

坂上田村麻呂は54歳で没するが、完全武装の立ち姿
のまま葬られ、国家守護の象徴となりました。
国家非常の時、この将軍塚は必ず鳴動したといわれ
ます。

桓武天皇が都を移した京都は以後一千年帝都として
存続しました。

panse280
posted at 20:59

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字