2015年08月16日

鑑真

「物語日本史(上)」(12)

平泉澄 1895-1984
kiyoshi hiraizumi

1998.6.22 第31刷発行(講談社学術文庫)
初版は1970年出版の「少年日本史」(平泉氏76歳)

<鑑真>
鑑真はシナの人。唐の玄宗、天宝元年(天平14年)
、我が国から仏法指南を求め、それに応じて来朝。

鑑真は6回目の挑戦でやっと日本の鹿児島にたどり
つくことが出来たが、すでに66歳で、しかも視力も
失われていました。

しかし彼の記憶力は抜群で、東大寺で経文を印刷
する時、暗唱して校正することができたといいます。

盲目でありながら、人の経文を読むを聞いて、文字
の誤りを直してやったというのは、後世の塙保己一
を想い起こさせます。

1000年の後、芭蕉は、

「若葉して 御目のしづく 拭はばや」
(よい目薬があれば、大和上の目を直して差し上げたい)
という句を読んだ。

panse280
posted at 12:21

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字