2015年07月13日

「恍惚」とは?

「草枕」(7)

夏目漱石 1867-1916
sohseki natsume

2006.5.20 第131刷発行(新潮文庫)
--漱石の文章を味わってみる--

<「恍惚」とは?>
以下、「恍惚」を表現したものだが、
単純に味わってほしい。


「自然の色を夢の手前までぼかして、有のままの宇宙
を一段、霞の国へ押し流す。睡魔の妖腕をかりて、
ありとある実相の角度を滑かにすると共に、かく和ら
げたる乾坤に、われからと微かに鈍き脈を通わせる。

地を這う烟りの飛ばんとして飛び得ざる如く、わが魂
の、わが殻を離れんとして離るるに忍びざる態である。

抜け出でんとして逡巡い、逡巡いては抜け出でんとし、
果ては魂と云う個体を、もぎどうに保ちかねて、
氤氳(いんうん)たる瞑氛(めいふん)が散るとも
なしに四肢五体に纏綿して、依々たり恋々たる心持ち
である。」

注)氤氳(いんうん):天地の気がおだやかにたちこめるさま。
瞑氛(めいふん):よく見えない天地の気。

panse280
posted at 19:17

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字