2015年05月15日

大正文壇以来一番の天才

「小林秀雄」(19)

江藤淳 1932-1999
jyun eto

1990.4.30 第8刷発行(角川文庫)

<大正文壇以来一番の天才>
「今度僕(小林)は菊池寛全集を読んで感じた
ことなんだけど大正文壇以来文学者で菊池寛が
一番天才的な人だといふ気がしたんだ。
・・・
あらゆる観念的な文学的な呪縛から離れて大衆
の為に書いた人はないと思ふのだ。
つまり菊池寛ははじめから文学青年といふもの
を黙殺して書いた唯一人の作家だ。」

panse280
posted at 20:02

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字