2015年05月08日

「ドストエフスキイ」を書く

「小林秀雄」(12)

江藤淳 1932-1999
jyun eto

1990.4.30 第8刷発行(角川文庫)

<「ドストエフスキイ」を書く>
「小説化がほんとに人生を見ているように
俺(小林)は作品を見てる、さういふところ
までやって来た、といふ自信が出来て来たんだ
よ、どういふ訳だか知らないけれどね。
それが、僕があれをやる動機なんだ。つまり
僕はドストエフスキイといふ奴をどういふふう
に評論しようかといふよりも、どんなふうに
描かうかといふ事が僕の評論になる。
さういふ自信が出来たんだよ。
・・・
僕は昔は結論を知らなきゃ評論が書けなかった
ものだ。この頃は結論を知らなくて書けるんだ。」

panse280
posted at 16:51

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字