2015年05月06日

詩の欠如

「小林秀雄」(10)

江藤淳 1932-1999
jyun eto

1990.4.30 第8刷発行(角川文庫)

<詩の欠如>
「一言に言うて今の小説に詩の精神が非常に
欠乏しているんじゃないかな。つまり詩と言って
もいわば万葉集的詩ですよ、さういふ原始的な
抒情詩ですよ。その精神がリアリズムと言ふ
方法の為に衰弱していると言ふことですよ。」
(小林)

panse280
posted at 19:20

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字