2015年04月28日

批評家とは何か

「小林秀雄」(2)

江藤淳 1932-1999
jyun eto

1990.4.30 第8刷発行(角川文庫)

<批評家とは何か>
「人は詩人や小説家になることができる。
だが、いったい、批評家になるということは
なにを意味するであろうか。

小林秀雄以前に批評家がいなかったわけでは
ない。しかし、彼以前に自覚的な批評家はいな
かった。

彼は批評を創め、芸術的な表現に高めると
同時に、これをこわしたのである。

私見によれば、・・夏目漱石から志賀直哉に
屈折していった日本の近代小説が、ふたたび
屈折して小林秀雄において「批評」を生むに
いたる・・

「Xへの手紙」の背後には明らかに「暗夜行路」
(志賀直哉)があるが、そのむこうにはおそら
く「明暗」(漱石)がある。」

panse280
posted at 19:24

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字