2015年03月21日

狂人、神経衰弱

「漱石全集第18巻」(7)
--文学論--

夏目漱石 1867-1916
souseki natsume

1979.8.8 第7刷発行(岩波書店)

<狂人、神経衰弱>
「英国人は余を目して神経衰弱と云へり。ある
日本人は書を本国に致して余を狂気なりと云へる由。
賢明なる人々の言う所には偽りなかるべし。
ただ不敏にして、これらの人々に対して感謝の意を
表する能わざるを遺憾とするのみ。
帰朝後の余もいぜんとして神経衰弱にして兼狂人の
よしなり。
親戚のものすら、これを是認するに似たり。
・・・
ただ神経衰弱にして狂人なるが為、「猫」を草し、
「漾虚集」を出し、また「鶉籠」を公けにするを
得たりと思へば、余はこの神経衰弱と狂気とに
対して深く感謝の意を表するの至当なるを信ず。」

panse280
posted at 14:06

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字