2015年02月27日

夫婦が同居するのは人類の害である

「漱石全集第24巻」(4)
--日記及び断片(上)--

夏目漱石 1867-1916
souseki natsume

1979.11.5 第4刷発行(岩波書店)

<断片明治38-39年頃>

・己を信ずるが故に神を信ぜず
 自らを尊しと思わぬものは奴隷なり
 自らをすてて神に走るものは神の奴隷なり

・金の返し方。死に方。ペトロニアス。ソクラテス。
 耶蘇。エムペドクリス。大燈国師等。

・千年後の人間は病気で死ぬという事は忘れて
 しまう。死といえば必ず自殺だと思う。
 たまに病死するものがあれば愚図の骨頂だと
 笑うようになる。

・夫婦が同居するのは人類の害である。
 結婚が十中八九迄失敗に終わるので明瞭である。

・独身のときは75銭の石鹸を使っていた。
 細君を貰って1月の間は1円の石鹸になった。
 2月目には50銭のになった。3月目には35銭。
 1年目に赤ん坊ができたら20銭。

panse280
posted at 19:27

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字