2015年02月19日

なにしろ英語が嫌いだ

「父・夏目漱石」(14)
夏目伸六 1908-1975
shinroku matsume

1992.6.25 第3刷発行(文春文庫)

<なにしろ英語が嫌いだ>
「僕は英国が大嫌ひ、あんな不心得な国民は
世界にない。・・・昨今の職業(朝日新聞入社)
は漸く英語を離れて晴々した。

所が早稲田と慶應義塾で教師になれといふて
来た。食えなければ狗にでもなる。英語を
教へるのはワンワンと鳴く位な程度であるから
いざとなればやる積であるが、「虞美人草」の命が
あるうちはまづ御免こうむる。
・・
悪縁で英語を習い出したが是からは可成英語を
倹約してドイツ語とフランス語にしたいと思ふ。」

panse280
posted at 18:48

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字