2015年01月16日

漱石、熊本の新婚生活

「漱石の思い出」(2)

夏目鏡子述 1877-1963
kyoko natsume

2009.10.25 第7刷発行(文春文庫)

<熊本の新婚生活>
夏目30歳、鏡子20歳。
給料100円。
毎月、大学へ7円50銭返却(貸費生だった)
父へ10円、姉へ3円、そして夏目の毎月の
本代が20円。
一家の暮らしは、毎月50円でやっていました。

熊本時代、夏目は俳句を作っては子規へ
送っていました。

「ある時、俳句の本を読みながら転げかけて
笑っております。何がおかしいのかとたずね
ますと、この句がおかしいのだと申して示した
句が、

<両方にひげのあるなり猫の恋>

というのです。」

当たり前の句だとケチをつけると「だからお前
には俳句がわからないんだって、とうとう愛想
をつかされてしまいました。」

漱石の生涯の俳句の2/3は、この熊本の5年間に
出来たものです。

panse280
posted at 16:09

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字