2014年11月17日

歎異抄

「南無阿弥陀仏」(22)

柳宗悦  1889-1961
nuneyoshi yanagi

1991.8.6 第2刷発行(岩波文庫)

<歎異抄>
「善人なほもちて生る、如何にいはんや
悪人をや」(「歎異抄」親鸞)

悪がよいという意味ではない。
悪人は塵ほどの値打ちもない。
だから地獄必定の身である。
悪人が助かるのは彼自身とは関係がない。
一も二も大悲の仕業なのである。
助からぬ者を助けるのが弥陀の誓いなのである。
救いは因果によらない。
善も悪も入る余地のないのが浄土である。
悪人でもかまわぬという者は、自分が悪人で
あることを知らない浅ましい見方にすぎない。

panse280
posted at 18:18

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字