2014年10月29日

日本の浄土門は極致である

「南無阿弥陀仏」(4)

柳宗悦  1889-1961
nuneyoshi yanagi

1991.8.6 第2刷発行(岩波文庫)

<日本の浄土門は極致である>
「私(柳)が浄土門に魅力を感じる所以は、その
固有性のみにあるのではない。その固有さを徹す
る時、普遍さに触れてくるが故である。」

日本の浄土門より更に偉大な浄土門を考え得ようか。
かかる浄土門を建設するために、法然、親鸞、一遍
の三大祖師が日本に与えられているのである。

「私(柳)は何も自他二道が始めから同一だと
主張するのではなく、異なることによってかえって
一つに即する所以に、驚嘆を覚えるのである。」

男女が分かれるのは、分かれたそのままがよいと
いうことではない。一つたるがための差異なので
ある。自他二道の差異とはそのようなものかも
しれない。

panse280
posted at 19:02

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字