2014年10月15日

最初が肝要

「漱石「こころ」の言葉」(8)
矢島裕紀彦(編)  1957-
yukihiko yajima

2014.6.20 第1刷発行(文春新書)

<最初が肝要>
「ひとたび卑怯未練の癖をつくれば容易に去りがたし。
墨を磨して一方に偏する時は、なかなか平にならぬ
ものなり。物は最初が肝要と心得よ。」
(「愚見数則」)

<生まれぬ先を思え>
「人を崇拝するなかれ。人を軽蔑するなかれ。
生まれぬ先を思え。死んだ後を考えよ。」
(「愚見数則」)

<親切>
「人間はね、自分が困らない程度内で、なるべく
人に親切がしてみたいものだ。」
(「三四郎」)

panse280
posted at 18:42

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字