2014年08月25日

悟浄歎異

「中島敦」(1)
中島敦 1909-1942
atsushi nakajima

2008.3.10 第1刷発行(ちくま日本文学012)

【悟浄歎異】(1)
--沙門悟浄の手記--

<悟空は天才だ>
「悟空は確かに天才だ。これは疑い無い。この男
の中には常に火が燃えている。・・この男は嘘の
つけない男だ。
我々には何の奇異も無く見える事柄も、悟空の眼
から見ると、ことごとく素晴らしい冒険の端緒だ
ったり、彼の壮烈な活動を促す機縁だったりする。

毎日早朝に起きると決って彼は日の出を拝み、そ
して、始めてそれを見る者のような驚嘆をもって
その美に感じ入っている。

心の底から、溜息をついて、驚嘆するのである。
これがほとんど毎朝のことだ。

災厄は、悟空の火にとって、油である。・・逆に、
平穏無事の時、彼は可笑しいほど、しょげている。」

中島敦 (ちくま日本文学 12)
中島 敦
筑摩書房
2008-03-10



panse280
posted at 19:09

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字