2014年08月23日

大人の食事は体温しだい

「病気にならない常識」(6)
安保徹 1947-
tohru abo

2014.6.30 初版第1刷発行(創英社、三省堂書店)

<大人の食事は体温しだい>
子供時代は糖を中心にして成長します。タンパク質
も必要です。栄養が偏ると危険な状態になります。

食事バランスが必要なのは「子供時代」だけです。
あとは、体温を高くしていれば偏食でも大丈夫です。

「千日回峰」のお坊さんたちは、やたらと体温が
高く、腋下で37度を超しています。
だから、彼らは1日3回も1000メートルの山を行ったり
来たりする修行を、ほんの少しの睡眠時間で続けられ
るのです。
彼らの食事は、お粥やだいこんの葉、ゴマ塩などの
すごい偏食です。それでも体温が高いから、タンパク質
もつくられ、筋肉モリモリです。
人間は体温が高いと栄養失調になりません。

panse280
posted at 18:36

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字