2014年07月22日

お釈迦様の出家

「仏教・神道・儒教集中講座」(3)
井沢元彦 1954-
motohiko izawa

2012.10.10 第4刷発行(徳間文庫)

<お釈迦様の出家>
釈迦族の王の息子のシッダールタは結婚もして
子供もありました。その彼が全てを捨てて出家
したのは、外の世界を見たからだといわれてい
ます。
宮殿から外へ出てみると、老人にあいました。
病人、死人にも会いました。生きていくのは
大変なことだ、と感じいりました。
これが「生老病死」の四苦です。
以下の四つを加えて「四苦八苦」といいます。
「愛する人と離れる苦しみ」
「嫌な人と会う苦しみ」
「望みがかなえられない苦しみ」
「快感を得られない苦しみ」(喉が渇けば水が
欲しくなる。その水が飲めない苦しみ。腹がへれば
何か食べたい。しかし食うものが手に入らない苦しみ)

お釈迦様は出家して「四苦八苦」にどうやって対処
すべきかを考えることがライフワークとなりました。

panse280
posted at 19:56

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字