2014年04月22日

感受性

「学生との対話」(6)
小林秀雄
hideo kobayashi 1929-1983

2014.3.30 発行(新潮社)

<感受性>
魂の存在を否定する人は科学というものの
考え方にばかされているのです。

科学というものは、人間が思いついた一つの
能力にすぎないということを忘れてはいけない。

柳田国男さんの「故郷七十年」という本の中に
子供の時の不思議な体験が書かれていますが、
私(小林)はそれを読んで、これは科学ではない。
そして科学では民俗学という学問はできないと
納得しました。

柳田さんにはたくさんの弟子がいますが、弟子
の書くものはおもしろくない。なぜなら弟子たち
は学問はしていますが感受性に欠けているから
です。

panse280
posted at 20:16

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字