2014年03月26日

心の豊かさ

「坐禅のすすめ」(20)
--心がみるみる晴れる--
平井正修 
syoshu hirai
2014.2.15 第5刷発行 (幻冬舎)

<心の豊かさ>
ささいな事で怒る人がいます。腹が立ったら
怒ればいい。泣きたければ泣けばいいのです。

問題はそのあとです。怒りの心にいつまでも
とらわれることがよくない。

怒りも息と一緒に吐いてしまえばいい。
心の動きもあるがままにしておいて、息と
ともに出ていくのにまかせておけばいい。
どうかしようとするから、かえって引きずる
ことになるのです。

panse280
posted at 20:50

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字