2014年03月19日

落ち込むということ

「坐禅のすすめ」(14)
--心がみるみる晴れる--
平井正修 
syoshu hirai
2014.2.15 第5刷発行 (幻冬舎)

<落ち込むということ>
最近の若者は始終落ち込んでいるといわれ
ます。
否定された気持ちになるのは「我」が前面
に出ているからです。「俺は正しい」「私は
間違っていない」というのが我ですね。

そこをポコンと叩かれて心がすっかり落ち
込んでしまう。それが落ち込むというメカ
ニズムです。

我を少しばかり引っ込めたら、それですむ
話です。

ルールを守り、過ちを繰り返さないように
すればいいのです。

むやみに落ち込む必要なんかどこにもあり
ません。

panse280
posted at 21:39

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字