2014年02月24日

信長

「信長」(1)
--近代日本の曙と資本主義の精神--
小室直樹 1932-2010
naoki komuro
2010.6.2 第1刷発行 (株式会社ビジネス社)

<現代日本は信長の負う>
「日本の近代と資本主義がいつ頃から始まったかと
言えば、やはり、信長に事始めを見出すべきである。」

信長の「比叡山の焼き討ち」はカルヴァンの宗教改革
以上の出来事である。

信長の戦争目的は日本の統一であった。信長の全力は
ここに集中され、この目的のためだけに邁進した。

信長は巨大資本に大いなる独占的特権を与えた。
自由市場の創設と、独占資本の育成。何たる矛盾。
古典資本主義者にしてマルキストと言えよう。

しかしこれは、近代資本主義を急速に育成するために
最も効果的な政策なのだ。

「現代日本は信長の負う。その全てをだ。信長によって、
日本は全く別の国に生まれ変わったのだ。」

panse280
posted at 20:06

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字