2014年02月11日

禁獄

「吉田松陰」(3)
中里介山 1885-1944
kaizan nakazato
1933.4.20 発行 (大菩薩峠刊行会)

<禁獄>
「松蔭が禁獄された下田の牢屋はわずかに一畳敷きの
所であった。・・牢の外には番人が一人ついていた。
その番人が三河後風土記、真田三代記といったような
書物を貸してくれる、松蔭等はそれを読みながら日本
の国体の貴い所以と、人間の人間たる道と、夷狄の悪
むべきことを番人に向かって日夜高声に語り聞かせた、
心なき獄卒もついには涙を振るって感じ入り、松蔭等
の志を悲しむようになった。」

panse280
posted at 18:44

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字