2014年02月01日

「猿の惑星」が現実となった衝撃

「連合国戦勝史観の虚妄」(7)
--英国人記者が見た--
ヘンリー・S・ストークス 1938-
Henry Scott-Stokes

2013.12.20 第2刷発行 (祥伝社新書)

<「猿の惑星」が現実となった衝撃>
日本軍は大英帝国を崩壊させた。イギリス国民は
誰一人として、夢にも思っていなかった結末だった。

ヒトラーの台頭も衝撃的だったが、ヒトラーは
白人のキリスト教徒だった。われわれは自分たちと、
比較できた。

しかし、大英帝国が有色人種に滅ぼされるなど、
思考の範囲を超えている。「猿の惑星」という映画
があったが、まさにそれが現実となったような衝撃
だった。

猿が人間の上に立つ。それがどれほどの衝撃だった
か想像できよう。これはイギリスだけではない。
西洋文明そのものが衝撃を受けた。

アメリカは、ヨーロッパ諸国に比べると、日本に
ついてもっと研究していた。アイヴァン・モリス、
ドナルド・キーン、サンデンステッカーなど高名な
親日学者は、みなアメリカ軍によって養成された。

panse280
posted at 18:38

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字