2013年11月24日

原発事故の除染問題という大失敗

「安倍晋三が、日本を復活させる」(1)
渡部昇一 1930-
日下公人 1930-
2013.7.3 第2刷発行 (ワック株式会社)

<原発事故の除染問題という大失敗>
「広島・長崎は除染せずに復興し、その後の住民に
健康の悪化はなかったことが国際的に証明されている
のに、原爆の1800万分の1という放射線量率の福島の
原発事故で、住民を強制退去させ、除染をやらせて
いるので復興の目途がたっていない。・・・
それどころか、原発を止めさせたため、毎日毎日
100億円以上の火力燃料代が無駄に外国へ流出して
いる。
・・・
それを次いだ野田首相は、野党の頃はまともなことを
言っていたのに、首相になると完全に自虐史観に戻った
のみならず、菅直人の思想を受け継ぎ、日本の資本主義
社会の弱体化にいそしんでいるような感じさえした。」

「幸いに、民主党が記録的敗北をし、第二次安倍内閣
が誕生した。再び太陽が昇ってきた感じである。」

panse280
posted at 18:08

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字