2013年10月30日

ドイツと日本の鉄道の差

「住んでみたドイツ、8勝2敗で日本の勝ち」(6)
川口マーン恵美  1956-
kawaguchi mahn emi

2013.09.12 第3刷発行(講談社+α文庫)

<ドイツ鉄道>
サービスが悪いのではなく、サービスがない。
脱線しても、突然止まっても説明は一切なし。
クーラーも暖房も普通に故障する。
勿論、謝罪の一言もなければ、説明もない。

「日本へ戻ってくると・・逆カルチャーショックだ。
日本では、駅の構内も電車の中も清潔で、床に物など
ほとんど落ちていない。・・その上日本の電車は遅れ
ない。・・しかも駅員は何でも知っている。・・
彼らがあの複雑怪奇なダイヤグラムをポケットから
取り出し、すばやく目を走らせている姿などを見ると、
魔法を見るように感動してしまう。訊けばいつでも
正しい答えが返って来るという安心感は、何物にも
代えがたいものがある。」

panse280
posted at 19:54

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字