2013年10月21日

韓国の未来は暗い

「日本人はいつ日本が好きになったのか」(14)
竹田恒泰  1975-
tsuneyasu takeda

2013.10.02 第1版第1刷(PHP新書)

<韓国の未来は暗い>
韓国の政治家、国民にとって日本はイジメがいの
ある国家なのだろう。

日本統治時代に旧日本製鉄で強制労働を強いられた
韓国人4人に対してソウル地裁は3500万円を支払う
ように命じた。

三菱重工業にたいしても韓国人5人が未払い賃金を
求めた裁判で1人当たり、700万円払うように命じた。

こうした決着済みの問題を何度でも恥ずかしげもなく
繰り返す韓国だが、強く出る国に対してはとても卑屈
になる国家でもある。

反撃しない国にはいくらでも攻撃するが、反撃する
国には手をださない。こういう国家は実に住みにくい
国家だろう。恥も誇りもないからだ。

親日と思われるだけで大統領でも簡単に首が飛ぶ
国と友好関係を結ぶのは難しいだろう。

韓国は声は大きいが小さな国である。GDPでも東京都
よりも低いし、経済問題になるほどの国家ではない。

panse280
posted at 19:57

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字