2013年09月26日

第10章 小泉内閣による自民党政権 について

「吉本隆明、自著を語る(下)」(27)
吉本隆明  1924-2012
takaaki yoshimoto

2012.12.24 初版発行(ロッキング・オン)

<第10章「小泉内閣による自民党政権
について」2002>
吉本氏は、はじめ小泉総理を50%支持していた。
それが総領事館の事件で20%に落ちたという。

総領事館の事件とは、北朝鮮の亡命したいって
いう人たちが駆け込んできたのを黙って中国に
引き渡しちゃった、という事件。

これを見て、吉本氏は日本国の独立国家度は
20%から10%に下がったという。

「今、どこの政党とったって、自民党以上に
有効な政策を公表している政党なんてないん
ですよ。」(吉本)

吉本氏の小泉評は「同じ目線の高さで、誰とでも
対談できる人だねと。そういう人は、初めてです
から。」

panse280
posted at 19:39

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字