2013年09月12日

第13章「マス・イメージ論」1984

「吉本隆明、自著を語る(上)」(13)
吉本隆明  1924-2012
takaaki yoshimoto

2012.12.24 初版発行(ロッキング・オン)

<第13章「マス・イメージ論」1984>
「どうしても、こういうこと(サブカルチャー
やポッポカルチャーなど)に突っ込んでいかな
いと文芸批評といえども、やっぱり成り立って
いかんのじゃないかなっていう一種の危惧は
ありましたね。」

「僕も、小林秀雄ほどの才能と文章の手腕が
あれば、そういう思い(サブカルチャーに手を
出したこと)をしなくてもよかったんですが、
率直に言って、あの人の批評と張り合えるよう
な文章って、とても書けないよって(笑)。」

対話者:吉本隆明が大江健三郎より椎名誠の
    ほうが上みたいなことを言っている。
    そんな馬鹿なことはない!っていう
    反応でしたよね。

吉本:そうだと思います。

panse280
posted at 19:59

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字